• トップ /
  • 時事としての経済構造の傾向

最近の経済構造と傾向

時事としての経済構造の傾向

時事としての大企業の収益変化

時事的にみて、最近の経済構造は確実に変化を遂げています。資産バブルの崩壊以降日本の産業構造自体に変化が訪れています。日本の経済を取り巻く内外環境が変わってきているからです。基本的な変化が見られるのは、人口の減少と年代構成の変化です。大量退職が招いた労働人口の減少が、年金財政、雇用の流動化につながっています。続いて、一人当たりのGDPの変動から見る経済の発展段階から停滞段階への変化です。これ以上の、経済の拡大が望めないことは明白です。守りにはいるのか新しい産業構造への転換を図るのか時事的にみて傾向がつかみにくくなってきています。グローバル化の流れは、経済行動の国際化及び途上国の成長による世界経済の多極化に直面しています。時事面の国際ニュースが取り上げるのは、各国のナショナリズムの台頭です。アメリカファーストの影響は、世界中に飛び火しています。経済構造は、その変わりゆく世界の傾向をつかみ対応を余儀なくされています。国内の製造業が、海外に移転した日本では、経済構造において内需への傾向を強めていく必要がありました。日本の大企業は、国内での収益を確保するのが難しくなっています。国内の空洞化が著しい国際企業が、日本において確実に収益を確保することに本気になっています。大企業が、介護産業に進出かとの情報があります。本格的に着手するようになってきています。

時事の凄い情報

↑PAGE TOP

Menu